確定申告でレーシックの医療控除

確定申告でレーシックの医療控除

レーシックはだれもが簡単に受けることのできる手術ではありません。
制限もありますし、金額もかなり高い手術になります。
では、どのようにして費用を抑えることができるでしょうか。
費用を抑える方法はあるのでしょうか。
確定申告をして、医療控除にすることができます。
レーシックは医療控除の対象になります。
それで、きちんと確定申告をすれば、税金が返ってくるのです。
以前は知らなくて確定申告しなかったという人でも、5年以内ならば、確定申告することができます。
しかし、この確定申告をする際には、領収書などが必要になってきます。
それで、レーシックの手術をした後には、このような資料をきちんと保管しておくようにしましょう。
もしも領収書がなくなったならば、病院でまた発行してもらうことができるかもしれません。
しかし、再発行が無理ならば、他には方法はありません。
また、源泉徴収票も確定申告では必要になります。
それで、なくせばまた発行してもらわなければなりません。
確定申告をしたけど、その時はレーシックが対象に入っているということを知らずに確定申告をしてしまったという人もいると思います。
その場合には、もうどうしようもありません。

このようにレーシックでは、医療控除の対象になるということなので、これからレーシックを受ける人であれば、きちんと資料などを保管しておき、確定しんこくするようにしましょう。
このような方法でレーシックの費用を抑えることができるのです。