視力低下の原因とレーシック

視力低下の原因とレーシック

レーシックを受ける人のほとんどが近視という問題を抱えています。
近視になる人の多くが視力低下に悩んでおり、なんらかの原因で視力が悪くなったという人が少なくありません。
その原因の一つとして、テレビを見たり、パソコンを見る時間がとても長いということがあげられます。
このような状況により、目に大きな負担がかかり、視力が落ちてしまうのです。
近視は日本人の中でも一番多い症状です。
近視の人は遠くがあまりはっきり見えません。
しかし、近くはよく見えます。
その中の多くの人がレーシックを受けてきました。
レーシックを受けると、視力が裸眼で回復します。
それで、メガネやコンタクトを使用する必要がなくなるのです。
遠視の人も少なくありません。
遠視の場合は遠くのものがはっきり見えますが、近くが見えないという状態です。
遠視の場合でも、レーシックを受けることができる場合があります。
視力低下の原因の中には、乱視があります。
乱視は角膜と水晶体がずれたことから起こるようです。
この乱視もレーシックで矯正することができるようです。

他の視力低下の原因には、老眼があります。
老眼は水晶体が調整できなくなるので、だんだんと物がはっきり見えなくなってしまいます。
老眼の場合はレーシックで矯正することは難しいようです。
しかし、視力を少しだけあげる程度ならばできる場合もあるようです。
視力低下の原因により、レーシックが受けられたり、受けられなかったりするようです。