レーシックで緑内障は治るか

レーシックで緑内障は治るか

レーシックでは近視を回復することができますが、他の症状でも回復するのでしょうか。
緑内障の人はレーシックで治療することが可能なのでしょうか。
緑内障は、眼圧を下げることで視力低下を防いだり、視野がせまくなるのを抑えることができます。
普通は緑内障の治療として、目薬を使って治療します。
この方法でも効果がない場合には、点滴を使ったり、薬を飲んで治療することになります。
緑内障の症状によっては、手術をすることで治療することもあります。
このように外科手術で治療する場合にレーザーを使うことになりますが、この時にレーシックが使われるのです。
緑内障の治療は難しいと言われていますが、緑内障の治療でレーシックを行う眼科もたくさんあるようです。
特に、緑内障の初期段階であれば、レーシックを受けて緑内障で起こる視野が狭くなるという症状を遅らせることができます。
特に、緑内障では失明に至る可能性が高いと言われています。
それで、定期的に健診することで、早めに症状を見つけることにしましょう。
初期の状態での治療ならば、進行を抑えることができるからです。
レーシックでの緑内障の治療はすべての緑内障の人ができるわけではありません。
それで、まずは自分の目の状態について調べてもらい、レーシックができるかどうかを調べてもらうことができるでしょう。
調べてもらった結果レーシックができないという人もいます。
その場合には、他の治療方法を受けることができるでしょう。