レーシックと目薬の使用

レーシックと目薬の使用

レーシックを受ける人は増えてきました。
しかし、レーシックを受けた後には、後遺症が残る人や、感染症になる人もいます。
ほとんどの人は、レーシックを受けた後に、ドライアイになると言われています。
一時的なもので、だんだんと治っていく人もいれば、一生ドライアイという症状を抱えたまま生活しなければならない人もいます。
ドライアイに一番いいのは目薬かもしれません。
ドライアイに効く目薬は、いろいろな種類があります。
それで、どの目薬を使えばいいのか分からないかもしれませんが、レーシックを受けた後に目薬は処方されると思います。
それで、その目薬を使うことができます。
このようにして、目の乾燥を防ぐことができます。
もしも、ドライアイの症状がなかなか治らない場合には、市販の目薬を使うことになるかもしれません。
この時に注意すべき点は、ドライアイ専用の目薬を使うということです。
ドライアイ専用の目薬ならば、目の乾燥を防いでくれますし、涙の蒸発を防いでくれます。
しかし、ドライアイがとてもひどい場合には、手術をした眼科で見てもらうことができるでしょう。
目薬をさすと、ドライアイが緩和されますが、目薬をさしすぎるのもあまり良くありません。
頻繁に目薬をさすならば、乾燥を引き起こすということもあるので、注意して使うようにしましょう。
もしも目薬に関して不安な点があるならば、医師に相談することにしましょう。