レーシックには年齢制限があるか

レーシックには年齢制限があるか

レーシックを受けるのに年齢などは関係するのでしょうか。
レーシックはどんな人でも簡単に受けることのできる手術ではありません。
年齢も関係してきます。
年齢制限があり、ほとんどの眼科は20歳から60歳までということになっているようです。
18歳であれば、親の同意があれば受けることができるようです。
しかし、もしも18歳以下であれば、たとえ親の同意があったとしてもレーシックを受けることはできなくなっています。
また、60歳までは受けることができるとなっていますが、年を取れば取るほど目の病気を起こす確率が高くなるので、60歳に達していない場合でも、レーシックを受けることができない場合もあるかもしれません。
このようなことを考えて、60歳という年齢制限を課しているようです。
では、どうして若い人はレーシックを受けることができないのでしょうか。
レーシックの手術では、角膜をレーザーで削るという手術なので、角膜がある程度まで成長してないならば、手術を受けることができないのです。
もしも、若いうちにレーシックを受けてしまうならば、近視がひどくなってしまうということもあるかもしれず、このようなことから若い人はレーシックを受けることができないのです。
それで、18歳以下はレーシックを受けることができないと決まっているのです。
視力が安定したならば、レーシックを受けることができます。
このようにレーシックを受ける前には、年齢についても考慮する必要があるのです。