レーシックのマイナス点

レーシックのマイナス点

レーシックは最近とても注目されている近視矯正方法ですが、デメリットも存在します。
レーシックにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。
レーシックにはメリットがあり、その中には、手術の時間がとても短いということがあります。
手術時間はたったの10分から15分となっています。
さらには、入院する必要もありません。
また、手術を受けたならば、メガネやコンタクトレンズをかける必要もなくなります。
裸眼での視力がかなり回復するからです。
では、レーシックにはどのようなデメリットが存在するのでしょうか。
デメリットとしては、副作用があるというとがあげられます。
どのような副作用があるのでしょうか。
とくに、ドライアイになる人はとてもたくさんいます。
また、ハロ・グレアという症状もあるかもしれません。
さらには、乱視が続くということもあるかもしれません。
このような副作用は、レーシックを受けた人のほとんどの人が経験することになります。
手術にはこのような副作用がつきものなので、仕方ないかもしれません。
しかし、このような症状は、一時的なもので、だんだんとなくなっていきます。

しかし、ドライアイなどを一生かかえて生活しなければいけない人もいるようです。
また、他のデメリットとしては、視力が回復しない人もいるということがあります。
このような症例は多くはありません。
このようにレーシックにはデメリットも存在します。
レーシックを受ける前には、このようなデメリットについてもよく考慮した上で受けるようにしましょう。