レーシックの失敗談について

レーシックの失敗談について

レーシックを受ける人は年々増えています。
では、レーシックで失敗することはあるのでしょうか。
レーシックを受けた人の中には失敗した人もいるようです。
それで、レーシックの失敗談などもよく理解してから受けることが大切です。
レーシックを受ける前にこのような事をきちんと理解した上で受けるようにしましょう。
では、レーシックでどのような失敗談があるのでしょうか。
レーシックを受けた後に、副作用や後遺症が現れる人がいます。
特に、ドライアイの症状がでる人がとても多いようです。
レーシックのイントラレーシックならば、ドライアイになる確率は低くなると言われていますが、やはりドライアイに悩まされる人もいます。
また、ハロと言われる症状もあります。
これは、暗い所で明るい光を見るとぼやけてしまうという現象です。
グレアという症状もありますが、これは、光を見るとまぶしく感じるという症状です。
このようにレーシックを受けて副作用などがでてしまうことがあるのです。
さらには、コンタクトレンズやメガネをかけると、視力が低下してしまうということもありますし、感染症のせいで目が白く濁ってしまうという症状もあります。
レーシックでは失明するということはありませんが、このような症状に悩まされるということがあります。
それで、レーシックでどのような失敗があるのか知った上で手術するようにしましょう。

こんなはずではなかったということにならないためにも正しい知識を得た上でレーシックを受けるようにしましょう。