レーシックの副作用について

レーシックの副作用について

レーシックはほとんど失敗しない手術と言われています。
しかし、手術後の副作用はあるかもしれません。
どのような副作用があるのでしょうか。
幾つかの症状があるようです。
その中には、光を見ると、ぼやけて見えるというハロ現象があります。
この副作用は、暗い時に明るい光を見た時に起こる症状です。
このような症状は、ハードタイプのコンタクトを長い時間使っている人にも起こる症状だとも言われています。
他にはどのような症状があるのでしょうか。
目が充血したり、内出血したりすることもあります。
このような症状であれば、少しすれば、治ります。
ドライアイという症状もあります。
パソコンなどを長い時間使っている人もドライアイになりやすいと言いますが、レーシックを受けた後にもこのような症状がでることがあります。
もしも、ドライアイになってしまったならば、目薬を使って症状を緩和させることができます。
乱視に悩まされるという人もいるようです。
この乱視は、手術の時にエキシマレーザーがずれることで現れるようになるようです。
手術をする時に、目を動かしてしまうならば、このような症状を引き起こすことになってしまうかもしれません。

このような副作用が起こることがあります。
それで、レーシックを受けることにしたならば、どのような症状が起こる可能性があるのかを前もって調べてから受けるようにするようにしましょう。
副作用と言っても、症状が出る人と出ない人がいるので、必ずしも副作用に悩まされるということではありません。