レーシックの歴史について

レーシックの歴史について

レーシックはどのような歴史があるのでしょうか。
レーシックの手術は1990年に初めて手術が行われたようです。
ギリシャでレーシックの手術が行われました。
また、ギリシャの眼科医が研究をして、レーシックという方法がとられるようになりました。
このようにレーシックはギリシャで始まりました。
その後には、アメリカでこの手術が行われるようになりました。
1995年から、エキシマレーザーを使っての手術がされるようになりました。
アメリカでは多くの人がこのレーシックの手術を受けています。
それで、たくさんの症例があり、たくさんの実績も積み重ねてきました。
すでに10万人以上の人がレーシックを受けています。
では、日本ではいつからレーシックを行うようになったのでしょうか。
日本では、2000年にレーシックが行われるようになりました。
それでまだまだ新しい手術方法と言えます。
それで、あまりレーシックについて理解されてなかったということもあり、レーシックを受ける人はそれほど多くはありませんでした。
しかし、だんだんとレーシックについての知識が広まるにつれて、レーシックを受ける人も増えてきました。
今では、レーシックで失明することはないということも分かっています。

また、スポーツ選手や有名人などがレーシックを受けるようになり、さらに人気が高まってきました。
今では、一年に7万人もの人がレーシックをするようになっているようです。
このように、レーシックは他の外科手術と比べると安全と言えます。