レーシック、安全性はどうか

レーシック、安全性はどうか

レーシックはこれまで多くの人が受けてきた近視の矯正方法です。
しかし、歴史がそこまで長くないために、安全性について懸念する人もいると思います。
では、レーシックはどれほど安全な手術方法なのでしょうか。
レーシックを受けて、視力が1.0以上に回復した人は、95パーセントとなっています。
眼科によっては、この成功率はさらに高くなり、99パーセントというところもあります。
このことから、レーシックの成功率はとても高いということがわかります。
レーシックは他の外科手術と比べても、かなりの高い成功率をあげています。
それで、レーシックの手術は安全性の高い手術と言えます。
これまでに、レーシックを受けて失明したという人はいません。
失明することはありませんが、合併症などを引き起こすことはあります。
このようにレーシックも手術なので、100パーセント安全とは言えないのです。
しかし、レーシックを受けて視力が悪くなったという人はいないようです。
しかし、もしかすると、手術後時間が経つうちに視力が下がっていったという人がいるかもしれません。
さらに、レーシックはすべての人が受けることができるわけではないのです。
角膜の厚みにより、受けることのできない人もいるのです。
それで、レーシックを受ける前には、目の状態などを検査する必要があります。

角膜の厚みが足りない場合には、受けることができません。
もしも、そのような状態でありながら無理やり手術したならば、安全性は低くなってしまいます。