レーシック、痛みはあるのか

レーシック、痛みはあるのか

レーシックを受ける人は年々増えていますが、受けることを不安に感じている人もいると思います。
特に、目の手術なので、恐いと感じているかもしれません。
また、痛いのではないかと不安に思っている人も少なくないと思います。
では、レーシックの手術において痛みはどのくらいのものでしょうか。
レーシックは目の角膜をレーザーで削るという治療方法です。
このレーシックの手術では、痛みはほとんど感じません。
また、失敗すると失明するのではと考えている人もいるかもしれませんが、失明することはありません。
痛みに関して言えば、痛みを全く感じない人もいれば、少し痛みを感じる人もいるようです。
それぞれの人により、痛みが違うのです。
しかし、痛みを感じるとしても、目にゴミが入ったくらいの痛さのようです。
レーシックを行う前には、目薬で麻酔をします。
それで、痛みを感じなくなるのです。
しかし、感覚が全くなくなるというわけではないので、レーザーを当てた時には、少し押されているという感じがあるかもしれません。
しかし、痛いという感覚ではないようです。
では、麻酔が切れると痛いのでしょうか。
麻酔が切れた後でも痛みは感じないようです。

少しくらいの違和感はあるようですが、痛いという感覚はないようです。
このようにレーシックの手術では、痛みはほとんどないと言ってもいいでしょう。