レーシックでドライアイ

レーシックでドライアイ

レーシックを受けた後に感染症や合併症が出ることがありますが、一番多く発症するのがドライアイと言われています。
ドライアイとは、角膜が乾燥してしまうという状態のことです。
パソコンを長時間使っている人でもドライアイはなりやすいと言われていますが、レーシックの手術を受けた後にもドライアイの症状が出やすいのです。
この症状は多くの人に発症しているようです。
手術の後にだんだんとドライアイが治っていく人が多いのですが、人によっては一生ドライアイに悩む人もいるようです。
レーシックを受けるとどうしてドライアイになってしまうのでしょうか。
なぜならば、角膜にレーザーをあてる時に、涙腺の神経を切断してしまうからではないかと言われています。
切断した後に、フラップをもとの状態に戻しますが、すぐには機能しません。
それで、手術後少しの間、ドライアイになってしまうのです。
このようにレーシックの手術の後にドライアイになってしまうのは仕方がないことであり、これが普通のようです。
それで、レーシックの手術の後には、このような症状が生じてしまいますが、これは我慢しなければいけないことなのです。
このようにレーシックの手術の後には、ドライアイになるかもしれませんが、目薬が処方されます。
この目薬をきちんと点眼することで、ドライアイを緩和することができます。
それで、このような点が不安に感じるならば、まず眼科でいろいろと話を聞くことができるでしょう。
レーシックについてのきちんとした情報を集めてから受けるようにしましょう。