レーシックで遠視治療はできるか

レーシックで遠視治療はできるか

レーシックは視力矯正する方法の一つです。
最近では、多くの人が注目しています。
レーシックを受ける人のほとんどが近視の人となっています。
では、遠視の人ならばレーシックを受けることはできないのでしょうか。
遠視の人でもレーシックで視力を矯正することができるようです。
遠視の治療については、日本ではあまり知られていません。
たぶん近視の人がとても多いという理由からでしょう。
それでレーシックを受ける人のほとんどが近視の人なのです。
しかし、遠視の人でも視力が回復する可能性はあるのです。
レーシックで遠視を矯正する場合には、エキシマレーザーの光をあてる箇所を変えることで矯正することができるのです。
しかし、矯正できる遠視にも限界があり、それに適していない人は手術することができません。
それで医師に判断してもらわなければなりません。
遠視の人でレーシックを受けたいと思っている人がいれば、まずは眼科で相談することをお勧めします。
それぞれの人の目の状態は違うので、眼科でまずは検査を受けてから、レーシックを受けるかどうかを決めてもらうことができます。
近視の人がレーシックを受ける例が多いですが、レーシックは遠視や乱視にも利用することができます。
それで、一度眼科で相談をしてみることができると思います。

このようにレーシックは目の様々な症状にも利用できる視力回復手術なので、関心がある人ならば、カウンセリングを受けてみると良いでしょう。