レーシックで失明することがあるか

レーシックで失明することがあるか

レーシックは注目を集めている近視矯正方法の一つです。
しかし、まだまだレーシックを受けるのが恐いと思っている人は少なくないようです。
一番恐れていることは、失明しないかどうかということかもしれません。
レーシックは目の角膜をレーザーで削るという手術をします。
それで、失敗して失明してしまわないかどうか心配している人もいると思います。
しかし、今までのところ、レーシックの手術で失明した人はいないということです。
それで、失明してしまう可能性はゼロに近いと言えるでしょう。
一般にレーシックの手術を受ける前には、カウンセリングを受けることになります。
その時に医師から失明することはないということを聞くと思います。
日本ではレーシックの手術をするようになってからまだあまり長くありません。
しかし、失明したという先例はないのです。
失明はすることはありませんが、レーシックによる後遺症や副作用はあるかもしれません。
しかし、この点を理解しておくと、安心してレーシックを受けることができると思います。
しかし、レーシックの手術を受ける前にはきちんと説明を受けてから手術する必要があります。
良く医師の話を聞くことで手術後に生じるかもしれない後遺症などについて知ることができ、不安な気持ちを解消することができるでしょう。
レーシックでは失明することはありません。

それで、失明するのが恐くてレーシックを受けることができないという人は、安心して受けることができるということなのです。